親の健康維持のためにウォーターサーバーをプレゼントしたいというのであれば、バナジウム水や弱アルカリ性の水を選ぶといいです。
弱アルカリ性のみずは、糖尿病や高血圧などの生活習慣病予防に適しています。
人間は疲れると体が酸性に傾きますが、弱アルカリ性の水を飲むことで元の状態に戻してくれます。

もちろん、これさえ飲んでいれば中和されるというわけではありませんが、疲れがとれないというときに飲んでみると違いがわかるでしょう。



硬度の高い水は、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防に役立ちます。

平均寿命が長い地域では、近くに硬度の高い天然水が湧き出しているという所もあります。

ただし、カルシウムやマグネシウムは摂りすぎると逆に動脈硬化の原因になることがあるので、ウォーターサーバーの水が体にいいからといってがぶ飲みは避けましょう。



また、基本的に日本のウォーターサーバーは軟水が使われています。


外国は硬水が一般的ですが、日本は軟水でミネラル分が少ないものがほとんどです。



そこで利用したいのが、バナジウム水です。

バナジウムは血糖値の上昇を防いでくれたり、血管を開いて血流を良くする効果が期待できると言われています。

高齢になると血管が硬くなって血流が悪くなりやすいですが、これをバナジウムが防いでくれるということです。

高齢者にウォーターサーバーを使わせるメリットは、熱中症予防にもなるということです。常に水分補給しやすい環境が整っていれば、夏の健康も保たれるでしょう。

 
Copyright (C) 2016 高齢者のケアにもウォーターサーバー All Rights Reserved.