映像制作会社の選び方のポイントとは

subpage1

映像制作では、特に初めての場合などでは迷うことになりますが、依頼先としては、大きく、テレビ系、個人系、WEB制作系、広告代理店系の4つの映像制作会社を上げることができます。
それぞれに特徴があり、テレビ系は豊富なノウハウと機材、個人系では安価な制作への対応、WEB系はコンテンツ連携への強み、広告代理店ではプロモーション視点も兼ね備えているなどがあります。

映像制作会社の特徴を紹介するサイトです。

映像制作会社を選ぶ場合には、最初に、これら4つのタイプの特徴を良く把握した上で選択をする必要があります。

具体的な内容としては、まず、技術力があります。

朝日新聞デジタルについての情報を提供しています。

映像制作の種類は非常に種類が多く、それぞれで必要とされるスキルやノウハウ、担当するスタッフや使用するアプリケーションなどが異なることになります。
ここでは、必ず、実績映像の確認を行い、作りたい映像イメージの共有ができるのかどうか見極める必要があります。

次に費用があります。



費用は映像制作会社を選ぶポイントの中では、最も分かりやすい要素であり、見積を取ることで簡単に比較をすることができます。
大切な点は項目内容の違いを確認することがあり、内容によっては大きく差がでることになります。例えば、同じ映像制作でも30万円とする制作会社もあれば、250万円とする制作会社があるなど大幅な開きがあります。依頼では、どこまでの工程が含まれているのかなど確認をし、求めるクオリティのものが作れるのかどうかが判断基準となります。

映像制作会社を選ぶポイントは、他にも品質や提案力があります。映像は、クオリティが高ければ企業にとっても高い効果が期待することが可能となりますが、品質だけがよくてもターゲットへの提案力が弱ければ、実際の効果を得ることはできません。

ここでは、映像の目的をしっかりと見据えてくれる制作会社を選ぶ必要があり、制作前のヒアリング、しっかりとした提案内容があるかどうかが判断基準となります。