ウォーターサーバーは安全性の高い水を宅配してもらって利用できるサービスです。
サーバー本体は購入できるものもありますが、他社への切替えの可能性などを考えるとレンタルした方が良いです。

水の価格は種類で異なりますが、スーパーなどで購入する水と比べて高すぎるということはありません。


宅配してもらえるので、重い水を持ち運ぶ手間がかかりません。



ウォーターサーバーの水は定期的に宅配されるものや、自分で注文するものがあります。



1か月に注文しなければならない最低本数が決まっているものもあるので、自分の生活スタイルで消費し切れるのか確認してから契約しましょう。



ウォーターサーバーの基本的な機能として、冷却と加熱があり、いつでも冷たい水や熱湯を出すことができます。


電気代がかかりますが、電気ポットと同程度になるため大きな負担にはなりません。


利用の少ない時間帯に自動で節電したり、手動で設定温度を切り替えられる機能が付いているものであれば、電気代を抑えられます。
また、電気を使わない、水を出すだけの機能しかないサーバーが利用できる会社もあります。
熱湯が出るので小さい子供がいる家庭では誤操作で火傷をする心配がありますが、チャイルドロック機能が付いているサーバーであれば安心です。


また、ウォーターサーバーはボトルの水が空になり、内部のタンクに給水できなくなると、タンクに水が残っていても蛇口から水が出なくなるため、空炊きを防止できます。

 
Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーの特徴 All Rights Reserved.