ここ最近になって、一般家庭でもウォーターサーバーを導入している方が増えてきました。企業や店舗などでの利用から一般家庭での利用まで広がってきたウォーターサーバー。しかし、その歴史を知っている方は意外に少ないようです。この便利な機器は、実はかなり前から使われていました。

今のものの原形とも言えるろ過装置のついたものが最初に登場したのは1910年代のアメリカと言われています。


と言っても、現代日本のように安全で美味しい水を飲みたいからという理由ではなく、乾燥地帯も多いアメリカで飲み水をなんとかして確保しようという目的での利用でした。



1930年代にはそういった水の運搬、売買のサービスは隆盛を極めるまでとなります。



一方、日本ではもともと水が豊富にあったため、飲料水にそれほどの価値を求める人はあまりいませんでした。

これは上水道のシステムが早期に整備されたことも要因となっています。

しかし、高度成長期を経て水質の悪化などが取りざたされるようになり、また経済的にも余裕が出てくると、ミネラルウォーターや浄水器の利用が進み、飲料水のためにお金を出すという風習ができ始めます。


そんな状況でウォーターサーバーが普及を始めたのは1980年代に入ってのことでした。

ただ、当初は企業や店舗などの利用がほとんどで、一般家庭への普及はなかなか進みませんでした。

その状況が変わったのは東日本大震災からです。



この時起きた原発事故により、水道への安全性への疑念などが高まり、ウォーターサーバーは一気に普及しました。
今では様々な企業がウォーターサーバーのサービスに乗り出しており、価格、サービス内容ともに多種多様なものが販売されています。

 
Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーの歴史 All Rights Reserved.